日本工作油

トップページ > メッセージ/活動 > [メッセージ]洗浄装置について

メッセージ - 洗浄装置について

製造工程における、お悩みを解決いたします!
まずは、弊社営業部へご連絡ください。営業担当が詳しくご説明いたします。

第4回目は営業部 産業機器システム 福多より洗浄装置をご紹介します。





打痕による不良を防ぐ“プレス前洗浄装置”

[Photo] 打痕による不良を防ぐ“プレス前洗浄装置”

材料には、一見きれいに見えても“ホコリ”などが付着しているケースがあります。またリードフレームなどで2次加工がある場合は、前回の加工で発生したバリや磨耗粉が次のプレス工程の金型内で取れ、これが原因で打痕傷が生じることがあります。それらを回避するために有効な働きをします。



金型寿命を向上させる“精密金型洗浄装置”

[Photo] 打痕による不良を防ぐ“プレス前洗浄装置”型寿命を向上させる“精密金型洗浄装置”

高速、精密金型は回転数に応じて金型内に異物(磨耗粉、酸化した加工油、錆)が堆積してきます。それらを放置しておくと、金型の磨耗が進行して“寸法精度”に影響を与え研磨の頻度が上がります。定期的に洗浄することにより、一つの金型をより長く使用することが出来ます。



一般プレス部品洗浄装置

[Photo] 一般プレス部品洗浄装置

洗浄装置を導入後に問題が生じて“装置メーカー”“洗浄剤メーカー”“加工油メーカー”に見解を聞いても、それぞれの言い分があり問題が解決しないにもかかわらず“誰も来てくれない”というようなケースをよく見かけます。弊社ではその全てを扱い、お客様の信頼を得られるよう努めてまいりました。ご要望によっては、一貫したライン作りにも対応しています。



プレス部品“オンライン乾燥装置”

[Photo] プレス部品“オンライン乾燥装置”

揮発性の高い加工油で加工してもフラットな製品はプレス加工後に重ねてしまうと、加工油は全く乾燥しません。この装置を使用することで、ワークは完全に乾燥して積み重ねることが出来ます。オンライン型でライン速度は20m/minに対応しています。



“フープ材洗浄装置”

[Photo] 焼鈍前“フープ洗浄装置”

ダフープ製品はライン速度が速く、洗浄装置の設置場所は短く、従来の塩素系溶剤では洗浄可能だった製品も代替洗浄は難しく、装置の選定で苦労されているお客様のために、弊社では“短い設置場所”“早い速度”“良好な洗浄性”を持った洗浄装置を装置メーカーと共同開発してまいりました。



お問い合わせ・ご用命先

  • TEL 03-3455-5511 日本工作油株式会社 営業部 産業機器システム 福多
  • TEL 03-3455-5511 日本工作油株式会社 本社 営業部
  • TEL 06-6323-1613 日本工作油株式会社 大阪営業所
  • TEL 0561-63-0882 日本工作油株式会社 名古屋営業所
  • TEL 0947-45-3821 日本工作油株式会社 九州営業所
  • TEL 0270-50-7831 日本工作油株式会社 北関東営業所
ページトップへ
Copyright(C) NIHON KOHSAKUYU CO,LTD All Rights Reserved.